--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.29
Fri
不知道是什麼時候開始就喜歡上RAG FAIR的歌聲,好像是因為有一次A野有上ARENA ACT 9,剛好那集有報RAG FAIR。
因為好奇而去找了幾首歌來聽聽,沒想到就這樣陷下去了(毆)

降りそうな幾億の星の夜
作詞: 井手コウジ・引地洋輔 作曲: 井手コウジ

降りそうな幾億の星の夜
逢いたくて待っているよ
あなたが遥か宇宙(そら)へと消えて
 此処で唱うだろう

きらきらひかる ひらひらきえる

七月の夢花火
二人、頬を染めた
愛してる 言っただけ
胸が千切れていた

「永遠なんてありはしないよ…」 
つぶやく声に僕は何も
言い返せないまま雲を見てた
あの日と同じ夜月

降りそうな幾億の星の夜
ふたつだけ河を超える
奇跡がもしも今夜起きるなら
あなたに逢いたい

まぼろしを浮かべては 
一人、手を伸ばした
愛してる いまはただ
音もなく響いた

「もう少しだけこのままいさせて…」
かすかな光 腕の中で
ひとしずく流れてくその理由(わけ)に
せめて気づいてたなら

降りそうな幾億の星の夜
逢いたくて待っているよ
あなたが遥か宇宙(そら)へと消えても
此処で唱うだろう

いつまでもいつまでも巡る想いよ
どこまでもどこまでも果てなく照らせ
いつの日かいつの日かあなたが眠る
彼方まで彼方まできっと

降りそうな幾億の星の夜
僕はまだ此処にいるよ
奇跡をもしも今夜起こせるなら
あなたに逢いたい

きらきらひかる ひらひらきえる
スポンサーサイト

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。